こんにちわ。
この2つのツィートにもあるように紫外線の影響は
肌だけではなく目にも影響を与えていることが
わかりますね。
特に私のような中年のおっさんはこの頃顕著に
この影響を受けているように思えます。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-
紫外線の影響が顕著に出始めるのは5〜9月と言われて
おります。
この時期に有効な対策はサングラスかと思います。
蓄積されたダメージをひきづることにより目への影響は甚大に
なっていくかと思います。
今回は、紫外線対策で有効とされるサングラスとメガネの使い方
そして、紫外線の目の影響についてお話ししていこうかと思います。

まずは紫外線の目に対する影響ですが

冒頭に取り上げたツィートにもありましたが真夏でなくとも
今は夕方くらいには目がしょぼしょぼしてしまうことがありますね。
これは、地球温暖化によるオゾン層の破壊が一員で以前よりも
まして紫外線が直接降り注ぐ環境になりつつあります。

紫外線で目に受ける影響ですが

紫外線で目に受ける影響を挙げて見ますと
・角膜炎
・白内障
・翼状片

とこんな感じ。
お気付きの方もおられるかと思いますがこれは
症状の重い順番に列挙しております。
他にも影響を受ける症状はあるかと思いますがサングラス
や帽子をかぶることでその影響は抑えることができると言われて
おります。

最近になってこのような紫外線のリテラシーが広まるように
なってきております。
私のような中年のおっさんはこのようなことは知らずに今日まで
きました。
これを読んで頂いている中年のかたも同様ではないでしょうか?
これまで蓄積されたダメージはあるはずですのでそれを増やさない
&進行させない為にも春先から真夏にかけての外出時のサングラス
着用は必須かと思います。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

サングラスを選ぶ際の基準ですが


このツィートのように濃い色のサングラスは紫外線に
とってはあまり効果は発揮しません。
というか色がどぎつくついているようなものは
紫外線を目から守るという観点からは逆効果になるからです。

その理由ですが濃い色のサングラスを使用すると
目に入る光の量が大幅に減ってしまいます。
こうなると日頃機能していない瞳孔の働きが強くなり
光を調節しようとする作用が働きます。
レンズで例えるのならばズームを上げる為に絞り続ける
状態が長くなるわけです。
そうなると光を為にいつもより目が働いてしましい
結果的に裸眼よりも多くの紫外線を目に受けてしまうという
ロジックが成立することになります。
こうなるとサングラスをしている意味が全くありませんね。
ですので、ここでの結論としては
薄い色のサングラス
を選択するということになります。

薄い色のサングラスの選び方ですが

この結論を導き出してから薄い色のサングラスに
ついて調べて見た結果共通点が散見されました。
・紫外線カット率の高いものを選ぶ
・サングラスの色と紫外線カットの性能は関係ない
・手入れが簡単なものを選ぶ

この3つを重視されると良いかと思います。
もっとわかりやすくいうとユニクロのヒートテック
という商品がありますね。
あれと同じような類似品は各メーカーから多数出ております。
ですので、基本の性能をサングラスに置き換えると上の
3つを抑えておけば○ということになるわけです。

最近、メガネおっさんになった私ですが以前まではどれも
同じだろう?と思っていたわけですがやはり手入れが簡単
というフェーズは譲れないところ。
普段使いするわけですし手入れが難しく重い商品はどうしても
使い勝手が悪いかと思うわけですよ!
皆さんはいかがでしょうか?

まとめます

これまであまり気にして来なかった紫外線による
目への影響ですがこれはかなり甚大な問題だなと
思わされました。
それまで、紫外線に対するリテラシーの乏しい私のような
中年のおっさんはこれまでの蓄積のダメージが大きいことも
知ることに。
ですので、今後はしっかりとケアしながら紫外線に対する
予防して行かねばと調べて見て痛感した次第です。

私のプロフィールです。
金融リテラシー中心ですが今回のように日常の事も
書いていきます。


—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-