—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
——————————————————————————————
こんにちわ。COZYです。
今回は私のメルマガでご質問を頂きました。
以前の私もこの”投資の病”
に犯されていた経緯もありますしそれを記事にして
皆様にシェアしたいと思います。

COZY様
こんにちわ。○○と申します。
いつもブログやユーチューブの動画で
学ばしていただいております。
COZYさんは負け組から勝ち組になりかけていた頃トレードに対して
ぶち当たって壁はありますか?
私はポジポジ病に苦しんでおります。
COZYさんのように入れるところを厳選できるように
なるにはこのポジポジ病を克服するしかないと思っておりますが・・。
良い方法はございますでしょうか。ご指導頂ければありがたいと思っております。

私もポジポジ病でした。


この記事の動画になります。

私もトレードが上手くいかない時には
この方と同じポジポジ病になっておりました。
せっかく良い分析をしてもすぐに飛びついてしまい
負けトレードになることが多くそのたびに自信を無くしていった
ことを昨日のことのように思い出します。

まずはポジポジ病になる原因として考えられる
事についてピックアップしてみたいと思います。

ポジポジ病の原因ですが

・儲けたい・取り戻したい気持ちが強すぎる
・単純にトレード中毒になっている為に慎重さを欠いている
・”○○になるだろう”トレード(不完全シナリオ)
私の典型的な負けパターンだった項目この3つです。
では1つずつ見ていきましょう。

儲けたい・取り戻したい気持ちが強すぎる

私の過去の経験上ポジポジ病の原因として最も多くの原因に
なるかと思います。
皆さんもきっとあるかと思いますがいかがですか?

儲けたい・失敗トレードを取り戻いしたいと思ってトレード
をしてしまうと
・根拠なきナンピンを繰り返す
・ポジションを証拠金に関係なく建て続ける
・更に逆に行くと焦りポジポジ病を繰り返す

このような悪循環に陥ったことはありませんか?

単純にトレード中毒になっている為に慎重さを欠いている

トレードなしでは生活できないといった中毒を私も
味わった期間がありました。
投資はレバレッジが効くものですのでギャンブル感覚で
やってしまうこともあります。
それはパチンコなどによくある射幸心をあおるようなもの。
この認識事態にたどり着くのに私は相当な時間を要しました。

”○○になるだろう”トレード(不完全シナリオ)

○○になるから××という結果が出るものだ!という決めつけの
シナリオを構築してエントリーして巨大な損失を抱え、相場から
退場した経験を有します。
根拠の薄いもの採用してシナリオを描くとトンデモナイダメージを
背負うことになります。

私が実践したポジポジ病の克服の仕方ですが

私がポジポジ病を克服するために行ったことですが
・シナリオ構築の精度を上げる
・チャートを見る時間軸を固定する
・型が出てくるまで一切のトレードはしない

とりわけすぐにそして、簡単に取り組める物を
最後にご紹介しますね。

チャートを見る時間軸を固定する

私はポジポジ病に侵されている時には
短い時間軸を見てトレードしておりました。
これが木を見て森を見ずの状況になっておりました。

そこで色々と考察した後に私はたどり着いた
結果は
複数時間時間軸のセット方法
になります。
デイトレなら1時間足で環境認識して執行足は5分足
スイングであれば4時間足で環境認識して執行足が15分足
といった具合に上位足と下位足のセットを決めて入れる
ところを厳選していきました。

結果、こんにちに至るまで無駄打ちはする回数は劇的に
減少しこれにより通貨ペアごとの癖を掴むことが
出来るようになりました。
残りの2つの項目も大変重要な事で別の機会をでお話ししたいと
思いますが明日から出来るのはこれかと思います。
是非、ポジポジ病にお悩みの方はこれを用いて実践して
みてください。
きっとこの病を克服することが出来るかと思いますよ。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
最後にこの記事が参考になったよ!と思われる方は
是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

問い合わせご質問等はこちらまで:info@brushupskill.com
ドシドシお寄せくださいね。

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
——————————————