—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————–

ご質問を頂きました。

こんにちわ。
今日は私のブログにご質問のメッセージを頂きましたので
それをもとにひと記事書いて行こうかと思います。

結論ですがフィボナッチをみましょう!

最初から結論になりますが”フィボナッチを引いて”
見ましょうというのが私の答えになります。

このチャートは豪ドル円の30分足チャートになります。
私は動画解説をするときにこの時間時間軸を用いて
解説をしているわけですがこの時間軸の利点は
・週ベースの値動きを振り返ることが出来る。
・私のいつもの値幅狙いである10~15pipsが獲りやすい
・一連の上下を見ることが容易である

こんな理由でこの時間軸を採用しております。
デイトレで入れるところを見極めるにはこれが一番
見やすいですしエントリー&エグジットもしやすい
環境になるわけです。

では現時点の値動きですが

先週の一連の高安にフィボを引いております。
高値85.30
安値84.50

になるわけです。
上下80pipsのボラが小さな流れで推移した
先週の値動き。
重要ポイントである61.8%を超えることの出来ない
展開であります。

ここからの値動きですが

このあたりの認識ができれば次はエントリーポイントを
探るわけになるわけですが
色んな材料を盛り込んでしまうとエントリーの方向や
入れるタイミングを見失うもの。
ですので、トレードアイディアはシンプルに考察
して頂きたいですね。
値動きを占うポイントはいろいろありますが
個人的には3つの材料を意識しております。

4つの材料ですが

・重要なライン
・ダウ理論
・フィボナッチ
・移動平均線

この4つになります。
ここでは基本からつらつらとお話ししておりますので
割愛しますが私のセンターロジックとしてはこの順番で
チャンスを推し量っております。

総合的にまとめますが

現時点では地合いダウ的にみると下値を上げて
推移中。
上昇トレンドと言えそうですが上下のフィボの
重要ポイントである61.8で頭が押さえられている
という展開になります。
移動平均線ではそれにタッチしており方向感が
出ておりません。
この状況下ではエントリーは難しいですね。

重要に効いているラインは上のブラックラインに
なります。
こことすぐ下のブロック帯である84.75で
チャンスを探るのが週初の1本狙いになるかと
思います。
このプライス帯での決着がついた時に次のシナリオを
値動き要因がありそうな別に考察していく繰り返しで
相場を俯瞰していけば良いかと思います。
単純などの取引会社でもあるこの方法で初心者の方は
分析をなさってみてはいかがでしょうか?

レジマグ公開レンジ予想