—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

今週のプチ振り返り

こんにちわ。
これは、豪ドル円の今週の値動きを示したチャートです。
今週のレンジ予想の結果ですが上限としていた
88.00.
ここらでヨコヨコする展開で2017年のトレードは
終わりました。
上限としての機能はまずまずでしたがそれ以上に下がらない
展開となり個人的にはフラストレーションが貯まる
展開になりましたが

欧州時間の豪ドルの見通し 年末モードですが

この記事にも書いたようにまるで囲んだ88.00から仕掛けを施せば
十分にチャンスはありました。

閑散相場である時ほどこのようなところが一番の
狙い目になります。
いつもの値幅であれば3勝1敗の好成績で通過出来ましたので
とりあえず無事に通過出来た印象です。

投機筋のポジ獲りです。まずは基軸通貨でアメリカドル

今週は年末相場で前半戦は値動きはほとんどして
おりませんでしたが後半戦はドル売りの流れに。
年末に向けての調整フローが観測されたとのことですが
この値動きにはついて行かない方が賢明。
値動き要因は後つけに近いですしね。
”116086枚の売り越し 1713枚の売り越し増”
となっております。
先週に引き続き投機筋のポジ獲りは少ない感じ。
でも円の売り越しで推移して2017年の年またぎに
なる事実は覚えておきたいですね。

お待たせしました豪ドルのポジ獲りですが

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
こちらの私のプロフィールページに書いておきますね.

解説ですが
今週の値動きはある程度の想定内の値動きで推移
しました。
ですので、レンジ予想上限の88.00からのショート参戦という
ロジックだけ良かったのも事実。
投機筋は先週の仕掛けでかなり手仕舞いした様子も
散見されましたね。
今週もその傾向に変わりはありませんが枚数は少な目。

やはり政策金利が豪ドルと米ドルは同じになりましたので
スワップのうま味がないのでこれも仕方のないところ。
逆に言えば仕掛ける余力が残っている証でもありますので
このあたりは踏まえてトレードしていきたいですね。
問い合わせご質問等はこちらまで:info@brushupskill.com
ドシドシお寄せくださいね。
—————————————————————————————-




<スポンサーリンク>
——————————————————————————————