先週の振り返り


(チャートをクリックすると拡大します。)
こんにちわ。
これは、豪ドル円の先週の値動きを示した
チャートです。
先週のレンジ予想の結果ですがご覧の通りに
下限からのロング参戦で50pipsGET
することが出来ました。

それにしても先週はアメリカ発の世界同時株安
が値動き要因になりましたね。
”適温経済”
このワードが飛び交っておりましたがこのワードは
早速2018年の流行語になりそうなくらいにインパクト
があった値動きになりましたね。
豪ドルも例外なくその流れに巻き込まれましたがこのような
下落の場面でもロングでレンジ予想の仕掛けが決まるのは
当ブログくらいですね。

先週の振り返りですが

2.11 今週の米ドルの見通し
こちらでやっております。
よろしければご覧くださいね。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

今週の豪ドルの見通し

今週の豪ドルの見通しです。
まずはイベントの確認ですが
2/14 (日) 10-12月期GDP・1次速報
2/14 (米) 1月消費者物価指数
2/14 (米) 1月小売売上高
2/15 (豪) 1月就業者数
2/15 (米) 新規失業保険申請件数
2/15 (米) 2月フィラデルフィア連銀製造業指数
2/16 (米) 1月住宅着工件数

こんなところですね。

イベントのバイアスですが

今週はイベントベースではやはり先週の世界同時株安の
要因になったアメリカ。
そのCPIが2/14に出ます。
コンセンサスはかなり強い数値が予想されて
おりますのでその結果になると
アメリカの早期利上げの織り込み→債権利回り上昇→リスク資産の売却
→ドル売り→資源国通貨弱含み

このようなサイクルが予想されます。
これが冒頭に申し上げた適温経済の巻き戻し現象。
長らく低金利のつけが今訪れようとしているのかもしれませんね。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

豪のイベントですが

2/15に豪では豪雇用統計が出ます。
前回はかなりコンセンサスと乖離する内容で
発表されて豪ドル高で推移しました。
今回はコンセンサスがかなり弱めで推移しておりますね。
いずれにしても地合いは弱いかと思いますので
”悪い流れには敏感に”
作用する地合いで良いのかもしれません。

まとめますが

先週値動き要因として浮上してきた適温経済。
その行方は今週では決着は見ないかと思います。
先ほどサイクルの方を書きましたがアメリカのCPI
の内容次第では大きく値動きしそう。

ですので、2/14のアメリカのCPIの内容を
キチンと精査して値動きの流れをチャートで掴む
必要があるかと。
セリングクライマックスもありそうな気配もありますので
引き続き株価の値動きにも注視したいところになります。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-