チャート分析

豪ドル円見通し2020年4月第2週|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

チャートにもあるように50pipsGET
出来た相場になりました。

週初にこのような良い値幅をGET出来ました
のでその後の見通しはフラットにして
おいたわけですが週後半戦で下限の
ロングエントリーも参戦出来るような地合いに。

ここでは参戦出来ずに仕掛けの指し値は事前に
撤退しておりました。

下限ロングを参戦しなかった理由ですが

これは、レジマグ会員様に向けてお送りした週後半戦の
見通しのメルマガ。
私の見立てではこのような判断を下しておりますので
レンジ予想下限からのロング参戦は危険と思っておりました。

なんなら節目を切っての下落だけを狙いに
参戦したくらいになりましたのでこの戦略でも
良いわけです。

私はリアルに参加しているプレイヤーに
なりますので自分のトレード方針は
なるべく伝えるようなスタンスにしております。

これがリアルに参加していないプレイヤーなら
上下限からのコンプリート!
と相成るわけではありますがこれも自分の投資戦略です。
今後もできる限りレジマグ会員様には自分のトレード戦略
を話して行くスタンスになります。

先週の振り返り

(画像をクリックしてください。ページに飛べます)

米ドル研究所の方ではレンジ予想の仕掛けは
不発に終わりましたがこれも相場。
これまでの相場よりボラティリティが小さめ
だったのでそれを予想しきれなかった側面があります
ので出直します!

レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週のイベントです

4/7  オーストラリア 豪準備銀行 政策金利発表
4/8 アメリカ FOMC 議事要旨
4/9 アメリカ 新規失業保険申請件数
4/10 中国 3月消費者物価指数
4/10 アメリカ 3月消費者物価指数




(スポンサーリンク)

豪ドルの値動き要因ですが

それまでは原油価格にも連動する値動きを示していた
豪ドル円相場。
それも今は昔のように完全にまでとは言いませんが連動しない
地合いになっていますね。

1つの事象だけで値動きを推し量れる時は
とっくに終わっており通用しないことは
もう多くの人はわかっていること。
FXにおける聖杯はないわけですね。

皆さんも気をつけましょう

もはや日本どこでも感染の危機から逃れることは出来そうに
ないようですね。
先週は志村けんさんも亡くなってしまい個人的にはかなりの
ショックな出来事。

芸人さんや多くの著名人も感染しておりますので
日頃の行動に気をつけながら感染しないように
して行きたいところになります。


豪ドルランキング

ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も13週が過ぎ13週中11週が投資に
なっております
</