チャート分析

豪ドル円見通し2020年5月第1週|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

今週のレンジ予想の仕掛けはご覧の通りに
上限からのショート参戦で50pipsGET
と言うことになりました。
このところ好調なレンジ予想の仕掛けに
なりますが今週は上方向に50pips超もオーバーシュート
する状況に。
でも、地合い読みではこれは様子見判断でしたが
これが功を奏した形になりました。

利確時の私のツィート

このtweetにもあるように今週は苦戦はしましたが
良い値幅をGETする事が出来ております。
これにおごること無く来週もキッチリとチャンスを
ものに出来るように分析をして行きたいと思います。

先週の振り返り

(画像をクリックしてください。ページに飛べます)

米ドル研究所の方ではレンジ予想の仕掛け
は決まることはありませんでした。
ドル円のボラティリティはこれまでよりも小さく
なっている印象に。
大きく動く前触れかもしれませんので慎重にチャートの
節目を見て行こかと思っています。

レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週のイベントです

5/5 オーストラリア 豪準備銀行、政策金利発表
5/5 アメリカ 4月ISM非製造業景況指数
5/6 オーストラリア 3月小売売上高
5/6 アメリカ 4月ADP雇用統
5/7 中国 4月貿易収支
5/7  オーストラリア 3月貿易収支
5/7 アメリカ 新規失業保険申請件数
5/7 アメリカ 4月非農業部門雇用者数




(スポンサーリンク)

豪ドルの値動き要因ですが

セルインメイと相場の格言ありますがこのような
時には豪ドルは弱く推移する傾向に。
70.00付近から下落した時の羊飼いさんのツィートですが
個人的にはここでガッツポーズしたところ。

月初特有なファンダウィークで悪い流れに敏感に
作用する豪ドルが先週見えてきたように思えます。

週中にはRBAキャッシュターゲットありますが
無風通過濃厚かと。
でも、週末のアメリカ雇用統計の数値次第では
セルインメイの波に乗りやすい通貨ペアでも
ありますので今週の値動きは必見になりますね。

以前のように高金利ではなくなった豪ドル円。
ならば値幅狙いで戻り売りを狙うのが戦略としては
正しいのかもしれませんね。


豪ドルランキング

ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も17週が過ぎ17週中14週が投資に
なっております