—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

今週のプチ振り返り


こんにちわ。
これは、豪ドル円の今週の値動きを示したチャートです。
今週のレンジ予想の結果ですがご覧の通りに上限からの
ショート参戦で50pipsGETすることが出来ました。
更に先週からの持越し分も利確することが出来て
かなり良い値幅をとることが出来て2018年ようやくプラス転換
することができました。

2017年の年末から不振にあえいでおりましたが
ようやく復活することが出来たわけですがいつもの通り
今後も分析を進めて行くだけ。
良い内容をレジマグ会員様にお届け出来ることを
念頭に頑張っていきます。

投機筋のポジ獲りです。まずは基軸通貨でアメリカドル


こちらは今週の米ドルの値動きを示したチャートに
なります。
米ドル研究所で公開するものになりますがこちらも
上限からのショート参戦で良い値幅をGETすることが
出来ました。
さて、今週うの米ドルを取り巻く環境ですが
先週から引き続きドル売り圧力が強い印象でしたね。
これと言っての値動き要因があるわけでもありませんが
これは、市場心理のなせるもの。
週末の米暫定予算案の延長をめぐる話題は良いニュースでは
なかったように思えます。
そんな中投機筋は
”119350枚の売り越し 6186枚の売り越し減”
となっております。
円売りのポジ獲りは最近、顕著に減ってきておりますね。

お待たせしました豪ドルのポジ獲りですが

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
こちらの私のプロフィールページに書いておきますね.

解説ですが
今週は豪にとって重要な豪雇用統計が
ありましたがコンセンサス割れで推移
して一時豪ドル売りになりました。
ですが、外的要因である
・原油価格の高値安定
・資源国通貨であるカナダドルの利上げ

このような材料により比較的に底堅い値動きで推移
しましたね。
個人的にはこの流れで良い結果を出すことが出来たわけですが
来週は値動き要因が一変するかもしれません。
そのあたりは週末に分析を行い簡易版・完全版の動画で
お示ししようかと思っております。
問い合わせご質問等はこちらまで:info@brushupskill.com
ドシドシお寄せくださいね。
—————————————————————————————-




<スポンサーリンク>
——————————————————————————————