トレードにおけるメンタル強化の重要性は?

多くのFXサイトやブログそして、書籍等で相場に
対する際には”メンタルの強化”が声高に叫ばれて
いるように思えます。
例えば
・思っていたほど利益を伸ばすことが出来ずにチキン利食い
・反転するだろうと○○だろうトレードでの損切り出来ず

といったようなことはあなたにもあるかと思いますが
いかがでしょうか?

それらを最終的に結論つけるワードとして
「メンタルが弱い」と結論つけるトレーダーが
多いことも事実ですね。
偉そうなことを言っている私もメンタルを気にしすぎて
全くダメダメトレーダーの時がありました。


私のプロフィールですが過去にはいろんな
トレードの失敗を重ねてきております。
でもそれを踏まえて乗り越えていくことでメンタルが弱い
という言い訳けをしなくなりました。
では私がどのようにしてメンタルが弱いという言い訳を
しなくなったのか?

トレードの本質を知ることそして、プロスペクト理論を
深堀りして投資化の心理を知ることで克服することが
出来ました。
これからそのお話しをさせて頂きます。

まずは重要なプロペクト理論についてですが

まずは有名なこの質問をご覧くださいね。

>質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。
質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

まずは質問1ですがこれは多くの人がAを選択します。
リスクを背負わないで100万円を手にすることが出来るからです。
一方Bはリスクは背負いますが200万円を手にすることが出来ますが
確実に利を得ることは出来ません。
50%の確率で200万円を得るチャンスの期待値はAと同100万円
なわけなんですね。
質問2でもAを選択する人の方が多いわけです。
こちらは無条件で100万円の負債を回避できるわけです。
でもBの期待値も50%の確率で負債が全免除されるという
期待値は100万円ということになります。

いかがでしょうか?
一見ことなるように見える事例でもこのように
人が選択する行動が偏るということが判るかと
思います。
このように多くの人は目の前の確実な利益を獲りに行きやすい
習性があり反対に目の前の損失を一刻も早く回避したいという
習性も持ち合わせているということになります。
ですので、このプロスペクト理論を応用してメンタルの弱さを
克服していきましょう。

トレードの本質とは?

トレードは欲望と損を負う恐怖感に支配されるゲーム

最初におさらいですが
・思っていたほど利益を伸ばすことが出来ずにチキン利食い
・反転するだろうと○○だろうトレードでの損切り出来ず

ということが起因してメンタルが弱いと位置づけるという
ロジックになりますが皆様にもこのようなことは
相場に対峙するにあたり記憶があるかと思います。
チキン利食いも損切りが出来ないトレードも
「お金が欲しいという欲」と「お金を失いたくない欲」
この2つの欲にたどり着くかと思います。
となるとこの2つの欲を抑える術を考えれば良いということになります。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

値の流れを的確に把握する重要性


クリックすると拡大します
これは、豪ドル円の1時間足チャートです。
ご覧のとおりに鉄板のチャートパターンになる
アタマ切り下がりのネックライン抜けというパターンに
なります。
このように綺麗なチャートパターンはそうはない
のですが判りやすいチャートになりますので取り挙げて
みました。
個人的にはこのような判りやすいところから入る手法を
おすすめしているわけです。
ポイントは
・トレンドが発生しやすい
・リスクリワードが良い比率である
・次の節目が探りやすい

このようなことが挙げられます。

まとめますが

このようなに判りやすいチャートパターンに
なった時までひたすら待つスタンスの方が
結果無駄打ちをすることはありませんし何より
リスクリワードが優れておりますので複数連敗さえしなければ
十分に取り戻せるチャンスがあります。

そのエントリーは入る根拠はありますか?

これまでプロスペクト理論とチャートパターンに
ついてお話ししてきました。
特に先ほどのチャートパターンであれば入った根拠を
明確に説明できるかと思います。
皆さんは入る根拠を説明できるトレードを励行しております
でしょうか?
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

まとめます

多くの参加者が自分の勝ちたい欲望と損をしてしまうのでは?
という2つの感情に振り回されながらトレードを行って
おります。
すべてのトレード勝つことは出来ないことは皆さん知っている
ことですよね?

FXは鉄火場です。
長年の経験を積んでいるプロから最近始めた
ビギナーまで同じ条件のもと戦うところ。

そこには相手の感情も入り複雑なチャートアクションを
することろもありますしAIトレードで一気に値が傾く
傾向もあります。

”待つも相場”このような相場の格言があります。
個人的にはこの待つスタンスを確立することでだいぶ
勝率が上がってきたように思えます。
やはりそれはチャートをよく見て相場の地合いを確かめる
日々の積み重ねが必要かと思います。
メンタルの弱さを嘆くよりもプロスペクト理論からわかる
ひとの習性を感じながら入れる根拠のあるのチャートパターンまで待つ。
とりあえず私のメンタルの弱さを克服したのはこの一連の流れに
なります。