先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)




(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

こんにちわ。
先週のレンジ予想の結果ですが上限に僅か
0.001届かずで大きな値幅を獲り逃す!
ということになりました。
仕方ないこれも相場と割り切って次のチャンスを
探ることにします。
でも、長いことFXやってますがこんなことになるのは
初めてだな・・・。




<スポンサーリンク>

先週の振り返りですが

こちらの米ドル研究所でやっております。
あちらはレンジ予想の仕掛けが機能
しており依然好調!
こちらの運のなさとは対照的に推移して
おりますので是非参考にしてみて
くださいね。

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。
ナイトセッションの仕掛けについても書いて
おりますのでよろしければご覧くださいね。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが
10/1 日本 7-9月期日銀短観
10/1 アメリカ 9月ISM製造業景況指数
10/2  オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
10/2 アメリカ パウエル米連邦準備理事会議長、発言機会
10/3 アメリカ 9月ADP雇用統計
10/5 オーストラリア 8月小売売上高
10/5  アメリカ 9月非農業部門雇用者数

こんなところですね。

値動き要因ですが

今週から早くも10月になりますね。
月初特有なファンダウィークになります。
週末の雇用統計まで値動き要因満載の
1週間になりますね。

豪関連の指標ですが

週中ではRBAキャッシュターゲット、小売りと
重要指標が控えます。
アメリカの利上げでその存在感が薄れておりますが
ここはスワップ派も値幅派も注目している材料になりますので
注視したいですね。

チャート分析ですが

先週はヨコヨコで推移しておりましたので
今週はその分大きく値動きしてくるかと。
貿易戦争の値動き要因がひと段落しておりますが
これは、まだ未解決のものになります。
ですので、中国とアメリカの貿易戦争が起こる場面に
おいては引き続き注視していきたいですね。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も39週が過ぎ39週中22週が投資に
なっております

—————————————————————————————-




<スポンサーリンク>
——————————————-