こんにちわ。COZYです。
今回は初心者必見のチャートパターンとして
アセンディングトライアングルを採り挙げます。
このパターンはボラティリティが極端にある相場で
かなり場面で出現します。
出たらかなりの勢いで伸びて行くチャートパターンに
なりますので是非マスターして頂き来たるチャンスに
備えて置きたいですね。



(スポンサーリンク)

アセンディングトライアングルとは?


急な上昇の場面で中休み的に訪れる
このチャートパターンになります。

このチャートパターンの大きな特徴ですが

・高値が切り下がり
・安値が切り上がっている

これが重要な事になります。
ダウ理論的には目線が入れ替わる直前になりますので
判断が難しいのですが覚えておいて頂きたいことは
収縮して弾けていく時の値幅がかなり大きいという事になります。

値幅の目安ですが





(スポンサーリンク)

最初の上昇から1.5倍が目安?

ダウ理論的には浅い押しが入ってからの
上昇になりますので通常であれば
最初の上昇の1.5倍くらい伸びると言われて
おります。
ですが、相場には絶対はありませんので一応の
目安程度にしておきたいですね。

アセンディングトライアングルは上昇の布石

先ほどお話ししたようにダウ理論的には
定石に当て嵌まらない値動きになります。
ですが、短期間で大きく値動きしてくる場面で
ありますので積極的に狙って行きたい場面になります。

参考エントリーポイントですが

黄色ラインの流れを踏んでのエントリー

アセンディングトライアングルの参考エントリーポイント
ですが黄色いラインような軌跡を描くいわゆるN字で
切り下げラインを踏みこんできたところから入るのが
一番安全に思えます。

損切りするところも明確に

結果的に逆張りのロングになりますので
損切りを決める段取りも重要。
ですが、すぐ下に切上げラインがありますので
その下あたりに置けるので比較的に入りやすいポイント
いえそうですね。

まとめます

急な上昇トレンドの鍵ばとして現れる
事の多いアセンディングトライアングル
ポイントですが
・ダウ理論と異なる値動きになる
・エントリーの場面では逆張りになる

この2つに留意しながらのエントリーになることを
意識したいですね。
特にボラティリティの大きな地合いになった時に
使えるチャートパターンになりますので押しの高安を
抜けてこの場面に出くわしたらチャンス!と捉えたい
ところになります。

今回は以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございました。
この記事を書いた私のプロフィールです。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介





(スポンサーリンク)