先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)


(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

今週のレンジ予想の結果ですが下限からのロング
参戦で50pipsGET
することが出来ました。

米ドル研究所に遅れるとこ1週間ですが
なんとか達成することが出来ました。
2018年は猛烈なスタートダッシュを決めたのですが
中間失速気味に。
なんとか持ち直してようやくというか1年の半分を
達成することが出来ました。

公開するようになってからこのように
1年の半分である26週を達成できなかった
ことは1度もないのでこれもアウトプットの
成果の表れ。
思っていることを外に出す行動は本当に重要
ですね!

先週の振り返りですが


こちらの米ドル研究所でやっております。
あちらでもレンジ予想の仕掛けは機能しました。
次の1週間に万全を期すべく分析を続けて
行くスタンスです。




(スポンサーリンク)

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

10/29  アメリカ 9月個人消費支出(PCE)
10/30 オーストラリア 9月住宅建設許可件数
10/31 日本 日銀金融政策決定会合、政策金利発表
10/31  オーストラリア 7-9月期四半期消費者物価
10/31 アメリカ 7-9月期四半期雇用コスト指数
11/1 アメリカ 新規失業保険申請件数
11/1 アメリカ 10月非農業部門雇用者数

今週末には11月相場になりますし週末には
アメリカ雇用統計が控えます。
1年は本当に早いもので2018年も残すところあと2か月ですね。

豪ドル関連の値動き要因ですが

週中のイベントも住宅関連のもの。
このところを豪の経済指標は無事通過して
いる印象ですが同じ資源国であるカナダのように
ファンダが良好とはいえません。

更に豪の場合は中国とアメリカの貿易戦争の
あおりをモロに受ける傾向がありますので
そのあたりも踏まえておきたいですね。

その他の値動き要因ですが

週末のアメリカ雇用統計が控えますが
このところ値動き要因には至っておりません。
週中の主要国中銀の政策金利にも注視しつつ
アメリカ発の株下落によるリスクOFFの値動きにも
注意しながらチャンスを探りたいですね。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も43週が過ぎ43週中26週が投資に
なっております

—————————————————————————————-




(スポンサーリンク)

——————————————-