先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)


(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

今週のレンジ予想の結果ですが上限からショート
参戦で30pipsGET
することが出来ました。

週中にこの判断をしたわけですが
これが結果的にうまくいきました

50pips狙いであれば2pほど届いていない
結果に至っておりましたね。
更に言えばポジションを放置していれば
大ダメージになっていたことはこのチャートからも
あきらかに。
こういうところをうまく交わせるようになると
トレーダーとして長生きできます!

先週の振り返りですが


米ドル研究所ではレンジ予想の仕掛けを
速めに見切りをつけて損切にりに。
こちらの分でなんとか相殺できました。
今後もフレキシブルに立ち回って行こうかと思います。




(スポンサーリンク)

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

11/5 中国10月Caixinサービス部門購買担当者景気指数
11/5 アメリカ 10月ISM非製造業景況指数
11/6 オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
11/8  中国 10月貿易収支
11/7 アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
11/9 アメリカ 11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

11月相場は円売りでスタートしておりますが
この流れは継続するのでしょうか?

豪ドル関連の値動き要因ですが

今週はアメリカの中間選挙の結果が出ます。
与党大敗のシナリオであればこれまでの円売りは
巻き戻されるかと思います。

豪ドルもその影響を受けると思いますので
米中貿易戦争の行方もアメリカの政権の基盤が
盤石であるのとそうでないのではマルッと
異なりそうですね。

先週の豪ドルの上昇はかなりのものになりますので
1本調子の値動きの調整を狙いたいですね。

その他の値動き要因ですが

イベントベースでは値動き要因は少ない
印象に。
チャートの節目にチャンスを求めつつ
入れるところを厳選して行こうかと
思います。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も43週が過ぎ43週中26週が投資に
なっております

—————————————————————————————-




(スポンサーリンク)

——————————————-