Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
チャート分析

2018年11月第4週の豪ドル見通し|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)


(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

週初に設定したレンジ予想の上限ですがそこをオーバーシュート
して強く推移。
週初は83.50付近を上限としていたわけですが
結果的に豪ドルは強く推移しましたね。

ですは、83.50→83.20 利確30pipsGET
が出来ており今週はレンジ予想の仕掛けが機能して
くれました。

週中はもう一度だけリピートしてこの仕掛けを
施しておりなんとか無事に通過することが
出来ました。

豪ドルの強くなった要因ですが

週中の豪雇用統計はコンセンサス越えになりました。
これを好感しての値動きが週末にまで至ったもようです。
先進国で利上げの波がきている昨今。
このファンダの強化で豪は利上げ?いやいやまだ時期が早いと
思います。

先週の振り返りですが


米ドル研究所ではレンジ予想の仕掛けを素早く方向転換
出来たおかげでダメージはありませんでした。
地合いの変化を読み取ってのものになりますので今後もこの臨機応変
さを重視していきたいと思います。




(スポンサーリンク)

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが
11/20 オーストラリア 豪準備銀行、金融政策会合議事要旨公表
11/20 アメリカ 10月住宅着工件数
11/21 アメリカ 10月耐久財受注
11/22  日本 10月全国消費者物価指数

こんなところですね。

注目は欧州政治的リスク

イギリスのブレグジット問題によるリスク回避の
動きは豪ドルにはあまり関係なく推移しているよう
に見えた先週。

ですが、明らかなリスクOFF要因になりますのでこの辺りは注意が
必要です。
地合いの変わり目は重要になりますのでこの辺りは
チャートの節目を見ながらその変化に気づいていきたいですね。

豪ドルの見通し 米中貿易戦争の行方

このツィートにもあるように米中貿易戦争問題は
現在進行形になります。
これが問題視されてリスクOFFになると豪ドルもダメージを
受けるかと思います。
ですので、多くの参加者がどの話題で値動きを誘発
しているのか?
市場心理も見ながらチャンスを推し量りたいと思います。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も46週が過ぎ46週中27週が投資に
なっております

—————————————————————————————-