先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)


(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

こんにちわ。
先週の豪ドル円のレンジ予想ですが
チャートにもあるように上限である82.80ショート参戦を
持ち越すことにしました。

理由はいくつかあるのですが1時間足ベースで
このような動きになっているとどちらかに
弾け飛んだ時の値動きはかなり大きいと見ている
事と先週の値動きが個人的な相場感と異なっていたので
ホールドしてチャンスを伺うことにした次第。

勿論、想定通りに行かないことも踏まえて
損切りもおいておきますので万全に仕掛けを
施していきたいと思います。

先週の振り返りですが


こちらの米ドル研究所でやっております。

あちらではレンジ予想の仕掛けが50pipsGET出来て
おりますし週中の仕掛けも無事通過。
本家のこちらがイケていない分をカバーしてくれて
いますので助かっています。




(スポンサーリンク)

2018年も最後の月になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが
12/3 アメリカ 11月ISM製造業景況指数
12/4 オーストラリア 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
12/5 中国 11月Caixinサービス部門購買担当者景気指数
12/5 アメリカ 11月ISM非製造業景況指数
12/6 アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
12/7 アメリカ 11月非農業部門雇用者数

こんなところですね。

今週の値動き要因ですが

週末のG20の内容には注視しておきたい
ところになります。
特に為替で値動き要因になる米中首脳会談には
多くの参加者の注目が集まるかと思います。

アメリカがロシアとの階段を拒否して中国
とは直接会談を行う意味にも注目してみたいですね。




豪ドルの値動き要因 G20とブレグジット問題

先週は堅調だった豪ドル円相場。
チャートの節目的にはどの材料でもみても
上限付近ということ。

ですので、週明けのG20やブレグジット問題での
値動きに注意しながら参入ポイントを探りたい
というかすでに参入済みになりますのでポイントの
対処をしっかりとしたいですね。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も48週が過ぎ48週中28週が投資に
なっております

—————————————————————————————-