チャート分析

豪ドル見通し2018年12月第3週|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)


(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

今週のレンジ予想の結果ですが
ご覧の通りに上限からのショート参戦で
30pipsGETで終了しました。
個人的にはこれで見通しのフラットにして次の
チャンスを探っていたわけです。

その後の狙いですが

その後はおのツィートにもある様に
レンジ予想上限である82.00が起点になり
そこからのショート参戦で良い値幅をGETする事が
できなんとか無事通過。

米ドル研究所のレンジ予想の仕掛けの損切りを
補填する事が出来たので結果的には薄利で
終える事が出来ました。
それにしてもドル円はかなり強い展開で推移して
いましたね。

先週の振り返りですが


こちらの米ドル研究所でやっております。
あちらではレンジ予想の仕掛けがイマイチで損切り
を献上。
でも、こちらの仕掛けでなんとか無事通過する事が
出来ました。

2018年はあちらにかなり助けられておりましたので
今度は本家が助ける番。
どちらもうまくいくことはあまりないのでどちらかが
助けになれば十分ですね。




(スポンサーリンク)

2018年も最後の月になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが
12/17 アメリカ 12月ニューヨーク連銀製造業景気指数
12/18 オーストラリア 豪準備銀行金融政策会合議事要旨公表
12/18 アメリカ 米連邦公開市場委員会 政策金利発表
12/20 オーストラリア 豪雇用統計
12/20 アメリカ 新規失業保険申請件数
12/21 アメリカ 7-9月期四半期実質国内総生産GDP確定値
12/21 アメリカ 11月耐久財受注

こんなところですね。

今週の値動き要因ですが

今週はアメリカでFOMCがあります。
利上げは織り込み済みになりますので
その後のパウエル議長の会見次第で
値動きしてくるかと思います。




豪ドルの値動き要因 

豪雇用統計が週中にあります。
豪のファンダメンタルズはこのところあまり
良好ではありません。
ここで切り返す事ができるのか?
注視しておく重要経済指標になります。

やはりこの問題にも注意を払っておいたほうが
良いですね。
貿易戦争問題から5Gの覇権争いに発展しておりますので
この辺りを踏まえてチャートの節目を監視していきたいですね。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も50週が過ぎ50週中30週が投資に
なっております