FXトレードにおけるデイトレとは

前回はスキャルピングトレードについてお話し
しました。

FX初心者為替取引はのスタイルは3つだけ|スキャルの特徴


こちらの記事になりますが今回スイング編に入るまでに
おさらいしてみてくださいね。
スキャルとデイトレでは全く異なるトレードスタイルに
なりますのでよく理解しておいてくださいね。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-
デイトレは1日以内で決済し利益確定する取引スタイルです。
5分~1日単位のチャートを見ておおよその値幅を獲っていく戦術になります。
メリットとデメリットを見ていきましょう

デイトレードのメリットですが

・トレンド相場で行えば勝率が高い
・値動きする時間帯だけに絞ってトレードできる
・スプレッドの開きをスキャルよりも考慮する必要が少ない
こんなところですね。
メリットで言えばトレンドが発生している時にはかなり
有効なトレンドスタイルになります。
いわゆる順張りで行くものになりますのでチャンスは
積極的に推し量りたいところですね。

デイトレードのデメリットですが

・レンジ相場では参戦出来ない
・相場の動きが気になり画面に張り付いている時間が長い
・扱う通貨ペアで値動きが異なり特性を掴むまで訓練が必要
こんなところですね。
やはりデイトレで大きなポイントはレンジ相場では
参戦できないということ。
スキャルの値幅より大きな値幅を狙うトレードスタイルでも
ありますのでレンジではエントリー出来ない傾向にあります。

後は扱う通貨ペアの特性を知らないと思いもよらない値動きに
なりすぐに損切りの憂き目にあいます。
このあたりも日々の訓練が必要になりますので初心者の方には
難易度が上がる傾向になります。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

デイトレードのまとめですが

多くのトレーダーが兼業のトレーダーですので
この手の手法が多く巷にあふれております。
私も多くの商材や必勝法を試してダメージを背負った
苦い経験があります。
そのあたりは

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


こちらの私のプロフィールに書いてありますので
是非こちらもご覧くださいね。

ここを極めることが出来れば専業のトレーダー
としてもやって行くことは十分に可能であり
それをブログやサイトでアウトプットすることで
更なる可能性を生み出すことも可能です。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
——————————————————————————————–