豪ドル見通し

2018年7月第4週の豪ドルの見通し|環境認識とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲 で引用しております。

先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)
こんにちわ。
これは、豪ドル円の今週の値動きを示した
チャートです。
今週のレンジ予想の結果ですが
下限からのロング参戦で50pipsGET
することが出来ました。

上限も7pipsしか違わないコンプリート手前の
レンジ予想を出すことが出来て本当に満足
しております。
週中の仕掛けも流れが読めておりましたので
うまく機能。
言うことない1週間になりました。

ドル円ではショート参戦で50pipsGET
豪ドル円ではロング参戦で50pipsGET

ということなる戦略で獲れたことは個人的には
かなり大きなこと。
クロス円というカテゴリーは同じような値動きをすることが
多いなかでこのパフォーマンスを発揮できたのは個人的には
かなり収穫だったと思います。

先週の振り返りですが

[blogcard url=”https://fxdorulabo.hatenablog.com/entry/2018/07/21/093554”]
こちらで詳しくやっております。
米ドル研究所でもレンジ予想は投資になりスイングも
含み益ゾーンまで来ることが出来ました。
調子よすぎるような気もしますが気を引き締めて
チャンスを狙うスタンスで行こうかと。

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが
7/23 アメリカ 6月中古住宅販売件数
7/25 オーストラリア 4-6月期四半期消費者物価
7/26 ユーロ 欧州中央銀行(ECB)政策金利
7/26 アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
7/26 アメリカ 6月耐久財受注
7/27 アメリカ 7月ミシガン大学消費者態度指数・確報値

こんなところですね。

先週は豪の雇用統計がコンセンサス越えで推移
しましたね。
これに今週のCPIが続けることが出来れば利上げも
見えてくるかと。

現実にRBAは指標の内容次第と言っているだけに
今週の25日CPIのコンセンサスとの乖離具合には
注視したいところになります。

後はトランプ大統領のツィートに注意ですね。
利上げけん制や貿易戦争など火種は多くありますので
重要イベントが少ない地合いの今週も注意深く見て
行きたいですね。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も28週が過ぎ28週中19週が投資に
なっております

—————————————————————————————-




<スポンサーリンク>
—————————————————