こんにちわ。COZYです。
今回は良いナンピン参戦についてお話ししますね。
前回は

FX初心者必見!ナンピンNG損切り上等大きな差を生む回避手段


初心者の方にはナンピン参戦<損切りと言う
構図でお話ししました。

ですが、私がスイングで相場に参戦する時には
ほぼほぼナンピン参戦なわけですよ!
ほとんどの場合で無事通過できておりますので
なぜそれが出来るのか?をお話しして参ります。




(スポンサーリンク)

良いナンピン参戦はあるの?

結論から申し上げるとイエスになります。
条件は色々とありますのでこれからお話し
しますね。

エントリーシナリオが明確である

相場にはいわゆる行き過ぎ相場というものが
ありましてオーバーシュートと言うやつです。
これを初心者の方に見極めて相場に参戦すること自体
無理がありますが熟練者ならそれは可能とみます。
特に
・金利の差以上に値幅がついている
・ストップロスを巻き込んでの値動きが予測できる
・重要なチャートの節目にまで至っていない値動き

個人的にはこのような要因のある時にナンピン参戦で
平均建値をあげながら凌いで行くパターンが多いですね。
これもシナリオ構築の1つの材料になるわけですが
特にチャートの節目とストップロスを巻き込んでの値動きは
長いこと相場にいればわかる事でもありますのでその時は
思い切ってナンピンするようにしてます。

最大のリスクを許容できているのか?

それでもナンピン参戦は値動きと反対の仕掛け
いわゆる逆張り参戦になりますので強いメンタルを
問われます。
その時に重要になるのがリスクの許容度になるわけです。
最悪のシナリオを描き総資金の何パーセントまで負けることが
許容できるのか?
これを決めておかないといけません!




(スポンサーリンク)

そのナンピン参戦は時間効率的良いのか?

エントリーしたシナリオからナンピン参戦を決めるプロセスにおいて
重要なポイントは時間的な効率です。
多くの参加者が塩漬けのポジ取りに至るのはこれを
意識せずにエントリーしてしまうからに他なりません!

ナンピン参戦は自由度を奪われる戦術の1つになります。
ですので、時間効率すなわち仕掛けている方向性に
マッチした値動きになってきたときに枚数を増やすことが重要かと
思います。
そのタイミングの見極めも結構難しいのですが・・・。

まとめます

ナンピン参戦はFX初心者の方にはかなりハードルの高い
作業になります。
良いナンピンの条件としては
・ナンピン参戦のシナリオを描けているのか?
・資金管理は出来ているのか?
・時間効率は良いのか?
この3点に集約されます。

何れにしても難易度の高い作業になりますし強靭な
メンタルを求められます。
このような要素が自分には無いと判断されたら
潔く損切りすべきです。
良いナンピンで相場を交し切るのは熟練者の技に
なるかと思います。




(スポンサーリンク)
この記事を書いた私ののプロフィールになります。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介