先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)


(スポンサーリンク)

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

週中に下限からのロング参戦で
50pipsGET
することが出来ました。
今年も40週が過ぎ40週中23週が投資に
なっております

米ドル研究所の方はレンジ予想の仕掛けが25週と
なっております。
来週にも目標に届きそうな勢いがあります。
本家であるこちらも追いつけるように頑張って
行こうかと思います。

先週の振り返りですが


こちらの米ドル研究所でやっております。
あちらはレンジ予想の仕掛けが機能
しており依然好調!
目標である52週中26週まであとM1に!
通過点ではありますが早く達成したいと思っています。
こちらも頑張らなければ・・・。




(スポンサーリンク)

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。
ナイトセッションの仕掛けについても書いて
おりますのでよろしければご覧くださいね。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが
10/8 中国 9月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
10/11 アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
10/11 アメリカ アメリカ 9月消費者物価指数
10/12 アメリカ 中国 9月貿易収支

こんなところですね。

値動き要因ですが

先週と比べると経済指標の数も少なく値動き
要因に乏しいですね。
ですので、豪ドルに関してはやはりアメリカの行きすぎている
感のある10年債の利回りに注視したいですね。

結局中国との連動制

週中にはアメリカと中国の艦船の軍事的著発問題で
値動きしました。
リスクOFFに至ったわけですがこれで動いたのは
直接的に関係のない豪ドル。
今の地合いは中国の動向次第で動く豪ドルに
なりますのでそのあたりを踏まえつつチャンス
のあるところを探って行こうかと思います。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も39週が過ぎ39週中22週が投資に
なっております

—————————————————————————————-




(スポンサーリンク)

——————————————-