Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
チャート分析

豪ドル見通し2019年3月第2週|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

今週のレンジ予想の仕掛けは18pipsのマイナスで
損切りで終える決断をしました。
これは、米ドル研究所との兼ね合いもありますし
ポジションホールドのまま週をまたぐのは危険と
判断した次第。
トータルおおよそ2pipsの負けになりましたが
これもトレーダーとしての判断です。

先週の振り返りですが

https://fxdorulabo.hatenablog.com/entry/2019/02/24/095916

こちらで振り返っております。
トータルで考えると米ドル研究所の薄利
は効いている印象になります。
来週は巻き返すべく分析をしてチャンスをものに
したいと思います。

レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

まずはイベントの確認ですが

3/11 米小売売上高
3/12  英議会、離脱修正案採決
3/13 米耐久財受注
3/14 中国小売売上高
3/14 アメリカ 新規失業保険申請件数
3/15 中国全人代閉幕

こんなところですね。

豪ドルの値動き要因ですが

豪ドルにとってはこの米中貿易戦争
を巡る問題がかなり重要なウェートを
占めるのは多くの参加者が知っている事。

今回、会談日程が白紙になった件は大きなポイント
なりそうですね。
それに加えて

豪は利下げ?

このツィートにもあるように豪ドル巡る
地合いは相当によくありません。
このあたりもレンジ予想の仕掛けを損切り
対応した次第に。
スワップ狙いのロング勢は今週の値動き要因であるブレグジット問題
もありますしポジションコントロールをしっかりとしないと
相場から退場の憂き目にあいかねませんのでお気を付け下さいね。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も10週が過ぎ10週中5週が投資に
なっております