チャート分析

FX豪ドル円はこれまでレンジの動き?勝てない理由とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲 で引用しております。

この記事の解説動画です

豪ドル円は日足でレンジブレイクまじかですが

こんにちわ。
この記事を書いているのは2019年の3月第4週
になります。
このチャートにあるように2019年始まってから
豪ドル円相場はある転機を迎えようとしています。
それは、
これまでのレンジが崩れそう
ということ。
チャートアクションには

・上昇
・レンジ
・下降




(スポンサーリンク)

この3つがあるわけです。
今まさに日足ベースでトレンドが崩れようとしている
豪ドル円。
これまでの値動きの推移とチャート分析から推し量れる
値動きを予想してみたいと思います。

1/3におきたフラッシュクラッシュ(アルゴリズムトレードを振り返る)

2019年1月3日にフラッシュクラッシュと言われる
現象が意図的に起きてチャートにもあるように長い下ヒゲを
つけて大きく下落したクロス円。
豪ドル円も例外なくその影響を被る形になったのは
記憶に新しいところですね。

この値動きのおかげで多くの退場者が出たの事実ですし
新年早々にダメージをおった参加者も多数いたかと
思います。
この出来事に関してはひと記事更新しております

次のアルゴリズムトレードはいつ? 2019年を月日でまとめます豪ドル円日足チャート (チャートをクリックすると拡大します。) (adsbygoogle = window.ad...

こちらになりますので読んでみてくださいね。

フラッシュクラッシュ、アルゴリズムトレードの後の豪ドル円はレンジへ

先の薄商いを狙った仕掛けからおおよそ1週間後の1/11から
豪ドル円はレンジ相場に入ります。

・上限 79.80
・下限 77.40
上下で240pips

クロス円の中では比較的にボラティリティが小さく
おおよそ240pipsのボラティリティしかなく
推移してきた豪ドル円。
3月の第4週にレンジ下限を悪値動きに発展しようと
しています。
2ヶ月半くらい続いてきたこのレンジは下を抜けてくるのか?
主な要因をまとめてみます。




(スポンサーリンク)

豪ドル円レンジ下抜けの要因


このツィートが一番わかりやすい材料になりますので
ここで呟かれている3つの材料について深掘りして
行きます。

RBAの利上げ否定発言

このツィートにもあるようにRBAの要人発言が豪ドル円
の上値を重たくしている要因に思えます。
豪の重要経済指標は軒並み悪化してのこの発言に
なる訳ですが今のファンダメンタルズの悪化は日本を除く
先進国の利上げの波についていけない状況下にあることを
如実に示しているのではないでしょうか?

アメリカ大手金融機関の豪利下げ報道

このツィートにもあるようにRBA要人だけではなく
欧米の大手金融機関も豪の利下げを予想を出してくるなど
豪ドルを巡る地合いはかなり弱くなっていることがわかりますね。
豪ドルを高金利通貨として円売り豪ドル買いのオーダー一辺倒に
仕掛けている日本人は多いかと思います。

先ほどのフラッシュクラッシュの下ヒゲの時に入れて
いる人は別としてレンジ内で入っている人には苦しい
展開になりそう。
この辺りのことはしっかりと踏まえて起きたい事象になりますね。

豪GDPがコンセンサス割れ

豪GDP
予想2.6%
結果2.3%
-0.3%
のコンセンサス割れ



(スポンサーリンク)

このように豪の経済状況はとても利上げを織り込める
内容ではないどころかこの結果でアメリカの大手金融機関
が今期2回の利下げまで取り沙汰すくらいの衝撃になった
訳です。
四半期に一度の指標になりますのでこれが覆るのは
少し時間がかかるのが通説になります。
日足のレンジブレイクの材料になりそうな気配になりますね。

まとめます

2019年豪ドル円相場はこれまでにないくらいの正念場
を迎えているように思えます。
日足のレンジブレイクをしてくるとかなり大きな値幅
が出てくるかと。
一連のレンジでスワップ目的で豪ドル円の買いを入れて
いた人は今後厳しい相場展開になるかと思います。

チャートの右側は誰にも推し量ることは出来ませんが
これまでの地合いをよんでも上値は重い展開は
継続すると思います。
ですので、今後の豪ドル円投資は豪ドル買いのオーダーは
慎重にやっていくのがベスト!
という結論でまとめさせて頂きます。
最後までお読み頂きありがとうございました。