Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
チャート分析

豪ドル見通し2019年5月第4週|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

週初に予想していた下限に僅かに届かず
今週は指し値かかることなく終了になりました。
これもFXになりますので仕方のないところ。
それにしてもだだ下がりの1週間になった豪ドル円。
今後も上値は重いスタンスが濃厚ですね。

先週の振り返りですが

先週の振り返り

(画像をクリックしてください。ページに飛べます)

米ドル研究所ではレンジ予想の仕掛けが30pipsGETすることが出来ました!
こちらのレンジ予想の仕掛けが不調な分を補ってくれておりますので
速くこちらの調子を取り戻してレジマグ会員様の期待に応えて行きたいと
思っています。




レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週のイベントです

今週のイベント

5/20 日本 1-3月期四半期実質国内総生産
5/22 アメリカ FOMC 議事要旨
5/23 アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
5/24 アメリカ 4月耐久財受注

こんなところですね。




豪ドルの値動き要因ですが

オーストラリアの総選挙が行われました。
結果はこのtweetのように与党が僅差で勝利したとのこと。
6年ぶりの政権交代はならずということでしたね。

オーストラリアの野党は中国よりとも言われておりますので
この一件で豪ドルの値動き要因になるのは少し考えつらいですが
選挙結果が僅差ということがポイントになるかと思います。

日足ベースでも見ても豪ドル円はフラッシュクラッシュの
実線レベル付近まで下落中。
これがトリガーでヒゲまで下落するシナリオには少し勢い
が足らない印象になります。
ですが、窓明けの値動きには注視しておきたいですね。

投機筋の仕掛けも豪ドル売りに

ドル円の円買いは落ち着きつつありますが豪ドルの売り持ち高は
増加傾向に。
投機筋の仕掛けも顕著に出ている印象になりますので
地合いはまだ弱い豪ドル相場になりそう。
高値ロング組の方はポジションコントロールを慎重に
なされた方が良いかもですね。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も20週が過ぎ20週中8週が投資に
なっております