チャート分析

FX豪ドル円見通し2021年7月第5週|予想とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

レンジ予想の仕掛けは週中、ナンピン参戦
をして薄利撤退を完了。

30pipsしか離れていないのですがチャートと
地合いを読んだら早めに手仕舞いした方が
正解と判断した次第。

その後はジリジリと上昇しただけに
このナンピン参戦は間違っていなかったし
薄利狙いも結果的によかったかと。
これも相場。

週初の想定と異なった時には
適切な処置をして損切りをしないように
していく。
このような流れでいかないと相場では生き残れない
ものですね。

先週の振り返り


(画像をクリックしてください。ページに飛べます)

米ドル研究所の方ではレンジ予想の仕掛け
を週中、ナンピン参戦して薄利撤退。
結果的にこちらと同じ流れになりましたが
これも相場。

最悪の想定である損切りを回避できて
おりますし薄利ではありますが利も残って
おりますので次に進めます。

レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週のイベントです

7/26  アメリカ 6月新築住宅販売件数
7/28  アメリカ FOMC
7/29  アメリカ 新規失業保険申請件数
7/30  アメリカ PCEデフレーター




(スポンサーリンク)

豪ドルの値動き要因ですが

先週のオーストラリアの重要経済指標
である小売り売り上げ高ですがご覧の
通りにコンセンサス割れに。

ちょっと最近では見ないくらいの
幅になった印象ですね。
新型コロナウィルス感染拡大によるロックダウン
もあり今後の見通しも暗そうですので
豪ドルは弱く推移する見通しで良さそうかと。

オーストラリアのオリンピック選手団
の垂れ幕。
日本とオーストラリアの友好関係は
今後も続きそうですしこのような光景は
微笑ましいですね。

ワクチンの融通とかまではいきませんが
今後とも友好関係は継続していきたい
国であることに間違い無さそうですね。


豪ドルランキング

ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も29週が過ぎ29週中15週が投資に
なっております