豪ドル見通し

2018年2月第3週豪ドル見通し|環境認識とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

今週の見通しの動画簡易版です。

先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-
こんにちわ。
これは、豪ドル円の先週の値動きを示した
チャートです。
先週のレンジ予想ですが下限からのロング参戦
50pipsGET
することが出来ました。

2018年シーズンはこちらではレンジ予想に
よる仕掛けがかなり好調です。
今年も7週が過ぎ7週中5週が投資に
なっております

こちらが調子が良くても米ドル研究所のスイングが
含み損中。
2017年はあちらにだいぶカバーしてもらった
ので今度は本家であるこちらがカバーする番。
この積み重ねで今日に至っておりますのでこちらの精度を
もっと上げて行こうかと思います。

先週の振り返りは

2018年2月第3週米ドルの見通し|チャート分析と環境認識

こちらの米ドル研究所で詳しくやっております。
あちらのスイングの状況もご覧になれますので
是非ご覧くださいね。

今週の豪ドルの見通し

今週の豪ドル見通しです。
まずはイベントの確認ですが
2/19 NY休場(プレジデンツデー)
2/20 (豪) RBA議事録
2/21 (米) 1月中古住宅販売件数
2/21 (米) FOMC議事録
2/22 (米) 新規失業保険申請件数
2/23 (日) 1月全国消費者物価指数

こんなところですね。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-
今週は主だったイベントがなく
月曜日はアメリカ休場になります。
引き続き株価を中心に値動きを考察する1週間に
なりそう。

豪ドルに関してはRBA議事録があります。
これまでのファンダは今一つの状況が続いて
おりますのでそれをどのようなスタンスでRBAが見ているのか?
そのあたりを見極めたいですね。

今週も連動制を見ながらチャンスを探る1週間になりそうです。
ドル円の下げ止まりがみられるか?に注視しつつ
強い欧州通貨の流れを見ていきたいと思います。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介

今年も7週が過ぎ7週中5週が投資に
なっております

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
——————————————————————————————–