FXトレードにおけるデイトレとは

これまでスキャルピングトレードとデイトレードについてお話し
しました。

FX初心者為替取引はのスタイルは3つだけ|スキャルの特徴

FX初心者為替取引はのスタイルは3つだけ|デイトレードの特徴


この2つのトレードスタイルを踏まえて最後のパートである
スイングトレードを見ていきます。
復習がてら上の2つ記事をご覧くださいね。
それではスイングトレードの解説を始めます。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-
スイングトレードとは1時間から数日にわたってポジションをもち
大きな利益確定を狙う取引戦術です。
豪ドルではスワップ目的で保有される方が多いですね。
私が豪ドルをメインにトレードしようと最初に
思い立ったのはスワップ目的でもありました。
まずはスイングトレードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

スイングトレードのメリットですが

・利を伸ばしやすいトレードスタイル
・パソコンやスマホに張り付く必要がない
・急なレート変動にもすぐに対応しなくとも良い
こんなところですね。
このトレードスタイルを採用するのは熟練者が
多い傾向かと。
目先の値動きに一喜一憂しない相場に熟練した人には
向くスタイルと言えますね。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

スイングトレードのデメリットですが

・長期間資金ホールド状態になるので効率が低下
・検討する時間軸が長いので入れるチャンスが少ない
・損切りの値幅がどうしても大きくなる傾向
こんなところですね。
デメリットの代表例はやはり資金効率の悪化と損切る
時のダメージの大きさかと。
どちらもバランスが重要になりますが相場にのめり込んで
いると周りが見えない状況になりがちになりますね。

スイングトレードのまとめですが

このトレードスタイルはかなり難易度が高いもの。
FX初心者が最初に取り入れる戦略とはいえないものですが
訓練を続ければ参戦も可能かと。
いずれにしても相場の値動きをきちんと監視していかねば
なりませんのでチャートの節目には注視していきたいですね。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介



豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
——————————————————————————————–