チャート分析

豪ドル見通し2019年4月第1週|予想結果とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲 で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

今週のレンジ予想の結果ですが週中に
良い値幅を獲ることが出来ました。
最近は30pips多かったのですが50pipsは
いうこと無い良い数値に。

ラウンドナンバーに上限を設定してない
ところが今週の勝因になった次第です。
うまくいくときはこんなものかと思います。
先週の苦戦とは見える風景が全く違うものですね。




こちらでやっております。
米ドル研究所でもレンジ予想仕掛けが投資になり
いうことはありませんんでした。
この好調にあぐらを書く事はなくしっかりと分析
してチャンスのあるところを探って行こうかと思います。

レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週の豪ドルの見通し

今週の経済指標

4/1 日本 1-3月期日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
4/1 アメリカ 3月ISM製造業景況指数
4/2 オーストラリア 豪準備銀行政策金利発表
4/2 アメリカ 2月耐久財受注
4/3 中国 3月Caixinサービス部門購買担当者景気指数
4/3 アメリカ 3月ADP雇用統計
4/4 アメリカ  新規失業保険申請件数
4/5 アメリカ 3月平均時給 雇用統計

こんなところですね。

豪ドルの値動き要因ですが

豪ドル円の値動き要因はRBAキャッシュターゲットに
なります。
先週はNZ中銀がハト派発言がありましたね。

久々に要人発言でこのようなボラティリティ
ある値動きになりました。
豪ドル円も先週この動きに追随した経緯があります。
今度はRBAキャッシュターゲットで同様な要人発言が
飛び出すのか?
注視したいところになります。

そのほかの値動き要因ですが

今週は月初特有なファンダウィークになります。
週中も重要経済指標は続きますし〆のアメリカ雇用統計も
ありますので値動き要因満載の1週間になりますね。

中国の要人がアメリカを訪問する日程もあります。
米中貿易戦争問題で何かしらの進展があれば値動き
要因になるかと思います。
このところ欧州にばかり気を取られがちではありますが
この問題も十分に値動き要因になりますので
週中の報道には注視して行きたいですね。


豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も13週が過ぎ13週中6週が投資に
なっております