チャート分析

FX豪ドル円見通し2022年10月第3週|予想とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

豪ドル円のレンジ予想の仕掛けですが

チャートにもあるようにレンジ予想
の仕掛けはストップロスの指し値届き
-50pipsとなりました。

その後の値動きを見ても
ストップロスの指し値から下落して
おり上値の読みが甘い印象が拭えない
1週間となりました。

その後はデイトレ&スキャルでいつもの値幅
だけを狙いダメージは少しは抑えることが
出来ましたが米ドル研究所と同じくマイナスを
計上したのは痛手。

これも相場。
いつも上手く行くことばかりでは
ありませんのでしっかりと分析して
立て直していきたいと思います。

先週の振り返り


(画像をクリックしてください。ページに飛べます)

米ドル研究所の方ではレンジ予想の仕掛け
は-50pipsGETとなりました。
先週とは異なる結果に不徳の致すところ。

3歩進んで2歩下がるような状況に
なっておりますがいつも通りに分析をして
立て直して参ります!

レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場。
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今週のイベントです


10/17 アメリカ 10月ニューヨーク連銀製造業景気指数
10/19 アメリカ 9月住宅着工件数
10/20 アメリカ 新規失業保険申請件数
10/21 日本 9月全国消費者物価指数

豪ドルの値動き要因ですが

日本のニュース番組でもオーストラリアへの
出稼ぎが報道されましたね。

私も見ておりましたがあの額を見ている
と日本でまじめに働くのは・・・・。

昨今の円安と身近な物価の高騰でようやく
気がついた人が多くなった印象になります。
問題は気付いた後にどのように対処するのか?

生活を守るための個人の金融リテラシー
問われる時代になりそうですね。


豪ドルランキング

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介こんにちわ。 豪ドルの見通しと運用の管理人COZYです。 ここでは私のプロフィールを書いてみようかと 思います。 このブログ...

今年も41週が過ぎ41週中26週が投資に
なっております