豪ドル見通し

2018年5月第1週の豪ドルの見通し|環境認識とチャート分析

チャートはDMM.com証券様のものを適切な範囲で引用しております。

今週の見通しの動画簡易版です

先週のレンジ予想の結果ですが


(チャートをクリックすると拡大します。)

—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-
こんにちわ。
これは、豪ドル円の先週の値動きを示したチャートです。
先週のレンジ予想の結果ですがご覧の通りに上限にも
下限にも掛からない展開で終了しました。

上下70pipsしか動かない正月かお盆の時の
ような地合いがこのような時に起こるのは珍しい
ですね。
これも相場ですしこういう時でも利を積んできいきたい
ところではありますが入れたところは僅かに3回。
2勝1敗で通過は出来ましたが消化不良な感じもしました。

2018年も1/3が終わりましたね。

今年も4か月が経過しようとしておりますね。
皆さんのトレードの成績はいかがでしょうか?
先週までの豪ドル円におけるレンジ予想の成績ですが
今年も17週が過ぎ17週中11週が投資に
なっております

2018年は少し出来すぎな感じで推移しております。
でも、これに慢心することなく分析を継続させて
投資の一助になれるように努めて参ります。
もうすぐ月初ということですのでレジマグ会員5月生の
告知です。
レジマグの詳しい内容ですが
レジマグレンジ予想はこちら
こちらになります。
趣旨をご理解して頂ける方のご参加をお待ちしております。

先週の振り返り

[blogcard url=”http://fxdorulabo.blog.fc2.com/blog-entry-3415.html”]
こちらの米ドル研究所で詳しくやって
おります。
あちらでのスイングはようやく含み益ゾーンにきました。
セルインメイの今月。
どのようにポジションを整理or継続していくか?
米ドル研究所の方も継続してご覧頂けると
幸いです。
—————————————————————————————–




<スポンサーリンク>
—————————————————————————————-

今週の豪ドルの見通し

今週のイベントの確認ですが
4/30 (中国) 4月製造業PMI
5/1 (豪) RBAキャッシュターゲット
5/2 (米) 4月ADP全国雇用者数
5/2 (米) FOMC政策金利発表
5/3 (豪) 3月貿易収支
5/3 (米) 4月ISM非製造業景況指数
5/4 (豪) 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
5/4 (米) 4月非農業部門雇用者数

こんなところですね。
今週は月初特有なファンダウィークになります。
それに加えて日本はゴールデンウィークになりますので
特殊相場になりそう。
逆に言うと相場に特殊でないことの方が少ないので
これまでの分析の積み重ねで難局を乗り越えたいですね。

豪ドル関連の重要なイベント

豪ドル関連では
5/1 (豪) RBAキャッシュターゲット
5/4 (豪) 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
この2つに注視したいところ。
前者は無風通過濃厚かと思いますが声明文を
見極めたいところ。
後者は四半期に一度のものになりますので
豪のファンダメンタルが推し量れます。
豪ドルプレイヤーにとっては重要なものになりますので
見ておきたいですね。

週末の雇用統計はやはり平均時給に注視

最近のアメリカ雇用統計はやはり雇用者数の
増減よりも平均賃金の推移に多くの関心が集まる
傾向にあるかと。
ですので、前哨戦の指標を注視しつつチャンスのありそうな
ところを狙っていきたいですね。

豪ドルランキング
ランキン参加しております。
この分析が為になったよ!
と思われる方は是非応援クリックをどうかよろしくお願い致します。

ブラッシュアップスキル管理人 COZYの自己紹介


今年も17週が過ぎ17週中11週が投資に
なっております

—————————————————————————————-




<スポンサーリンク>
—————————————————